スキンケア

夏場の乾燥肌に要注意!暑い季節もなりやすい原因と対策を解説。

夏場の乾燥肌に要注意!

夏になるといつも乾燥肌になる!と悩む方も多いのではないでしょうか。

実は、肌の乾燥に注意し保湿するのは冬だけではありません。夏は高温多湿のため肌が乾燥してしまうリスクがたくさん潜んでいるのです。

屋外では強い紫外線、室内ではエアコンの風など夏場におこる特有の乾燥原因はいろいろあります。

「夏場は乾燥する」といったイメージが結びつきにくい分、保湿がついおろそかになりがちな夏場だからこそ、肌の乾燥には十分気をつける必要があります。

今回は、そんな夏場における肌が乾燥する原因と肌を守り、うるおい肌をキープするための対策についてご紹介します。

 

夏場に肌が乾燥する主な原因

夏場に肌が乾燥する主な原因にはどんなことがあるのかを解説します。

 

紫外線

夏といえば日差しが強くなり、真っ先にイメージするのがやはり強い紫外線ですよね。

この紫外線が、肌の表面を乾燥させてしまう大きな要因です。紫外線には、UV-AとUV-Bなどの紫外線がふくまれています。

UV-Aは、波長が長く肌への浸透力が高いため、肌の深部まで届きハリを保つ成分にダメージを与えてしまいます。これは、しわ、たるみの原因になるとされています。

また、UV-Bは外での日焼けの主な要因となるもので、肌表面のうるおいを奪い、炎症を起こしてしまうといわれています。

 

エアコン

エアコンは、夏場には必要不可欠です。特に冷房は、室内の水分を外へ放出するため、室内の湿度は下がります。

湿度が下がると、同時に肌の水分も奪われ肌の乾燥を招いてしまいます。エアコンのつけすぎには注意しましょう。

 

夏は温度が高く、汗をかきやすい季節。汗をかくと肌に塩分が残ることが多く、肌へのダメージとなって乾燥を招く原因になるので、汗はきちんと拭き取ることが大切です。

 

冷たい食べ物の摂取

夏は、冷たい食べ物を食べたくなる季節ですね。ですが、アイスクリームなど冷たいものを取りすぎると、体を冷やしてしまいます。

身体が冷えると、血行不良や基礎代謝の低下につながり、肌のターンオーバーが乱れることもあるといわれています。ついつい食べ過ぎて身体を冷やさないように気をつけましょう。

 

夏場の乾燥肌対策

夏場の肌の乾燥には気をつける多々あることがわかりましたが、実際にどんな対策をすればいいのか。そこで、一番効果のあるスキンケアによる対策をご紹介します。

 

洗顔で汗・皮脂・汚れを洗い流す

汗や皮脂、メイクの汚れ、古い角質などは、肌荒れを引き起こす要因となります。

毎日、丁寧に洗顔をすることで、しっかりと洗い流すことが大切です。

肌にやさしい洗顔料を使ってよく泡立て、泡を肌のうえで滑らせるように、やさしく丁寧に洗顔するのが、洗顔をするときのポイントです。

 

乾燥を事前に予防する

乾燥の予防は、肌をできるだけ乾かさないように、事前に予防することが大切です。

化粧水、乳液、美容液などの基礎化粧品で入念に保湿をすることはもちろん、シートマスクでうるおいを補給するなど、日々のケアにプラスして取り入れるのもおすすめです。

 

UVケアをする

夏の紫外線ダメージを防ぐためにはUVケアもしっかり行ってください。

外出する時は、日焼け止めを塗るなど、UVカット成分が配合されたメイクアイテムを使用して、日焼けを防ぐようにしましょう。

また、帽子やサングラスなどの日焼けアイテムの着用も欠かさないように、できるケアを行うように心がけましょう。

 

おわりに

 

夏は汗や紫外線などの外部刺激により肌が荒れやすい季節です。

秋や冬には起こらなかった肌トラブルが起こりやすくなります。トラブルの原因に合わせて対処することで、肌荒れを防ぐことが必要です。

 

紫外線の対策や汗のこまめな拭き取り、正しいスキンケアなどを行い、肌を外からの刺激から守ることが大切です。肌の水分と油分のバランスを整えて、暑い夏場を健やかな肌で乗り越えましょう。

-スキンケア
-, ,