バストアップ

簡単!バストアップトレーニング| 効果のある方法を3つ紹介。

簡単!バストアップトレーニング

女性はジムなどで身体を鍛えるかスポーツをしない限り、20代後半からどんどん体型が崩れてきます。特にバストに関しては、脂肪がやわらかく動きやすいため、最も顕著にその変化が目に見えてくる部分です。

バストアップするトレーニングはたくさんの種類があります。

その中で、20代後半以降の女性に、是非とも実践していただきたいのが、今回ご紹介する「バストアップトレーニング」です。

 

バストアップの悩み別、基本のトレーニング

女性のバストの悩みで多い、以下の3つの悩みにポイントを絞った「バストアップトレーニング」を紹介します。

(健康トレーニング指導士として活躍中の勝本昌希先生の監修です)

・バストが垂れてきた

・バストが広がってきた

・バストが小さい

バストアップをするには、とにかくバストを支えている筋肉である「大胸筋」を鍛えることが必要です。

ポイントは、トレーニングするとき「大胸筋」をしっかり意識しながらゆっくりと筋トレすることが大切です。

腕などに気を取られることなく、「大胸筋」に意識し動いていることをしっかり感じて下さい。

最初のころは、なかなか「大胸筋」を意識するのは難しいですが、数をこなしていくうちに段々と意識できるようになりますよ。

では、早速「大胸筋」を鍛えながら自分の悩みも解決してくれる、次の3つの基本的な「バストアップトレーニング」を実践しましょう。

 

垂れたバスト位置を戻す(基本のバストアップトレーニング)

普段はあまり使わない基本の「大胸筋」を鍛えるバストアップトレーニングです。

【動作1】ひざを立て腕は肩幅より少し広めに開き、床に手をつきます。

【動作2】息を吐きながらひじをゆっくりと曲げ、あごが床につくくらいまで体を下ろします。

【動作3】息を吸いながら、ゆっくりとひじを伸ばします。

(ひじを伸ばす時は、しっかりと伸ばし切らないで、次の動作1に戻る)

<15回×2セット>を続けて行いましょう。

※腕ではなく、胸の筋肉に意識を持っていくのがポイント!

 

広がったバストを引き締める(スッキリバストトレーニング)

横に流れている脇肉をすっきりさせバストの形を綺麗に整えるトレーニングです。

【動作1】両ひじを90度に曲げ左右に開き、バストトップの高さに合わせます

【動作2】息を吐きながらゆっくりとバストの内側を意識し、両手を近づけて顔の前に寄せて行きます。できればひじとひじ、手と手をぴったりと合わせます。

<15回×2セット>を続けて行いましょう。

 

小さいバストの解消(ボリュームアップトレーニング)

バスト全体にハリを持たせ、重力に負けない上向きバストを作ります。

【動作1】お祈りをする様に、胸の高さに手を開いて合わせます。

【動作2】ひじを張ってバストの上部を意識しながら、手と手を押し合います。

両手の力が同じように押し合うのがポイントです。

<15回×2セット>を続けて行いましょう。

トレーニングの際、本などを手の間に挟むと、より効果的です。

 

おわりに

今回ご紹介したポイントは主に大胸筋を鍛えるトレーニングです。大胸筋を意識して3つの基本トレーニングを毎日実行し、魅力あるバスト作りを目指して下さい。

-バストアップ
-, ,